私はジャッキー・チョンです。

今日は張さんと言っても張震ではなく歌神 張學友の話題です。

「関谷元子のPOPなASIAの過ごし方」第二回 <香港エンタメ情報 ~ ジャッキー・チョンとイーソン・チャン>に参加してきました。(関谷さんのお話はとても楽しくて、もっとお話を伺いたかったな~と思いました。)

イーソンは話し出すと止まらないとかで、30分と決められているインタビューでも1時間ぐらい話してしまう方のようです。三代目歌神とか言われつつある大明星のイーソンですが、とても気さくな方だそうです。(いい人そうですよね)…ですが周囲は気さく過ぎなので、もうそろそろ大明星であるという威厳(?)を醸し出した方がいいのでは?と心配になるとか…ご本人はどう思っているのかしら?(ちなみに歌神初代は許冠傑(サミュエル・ホイ)です。)
私はイーソンのアルバムは3枚ほど持っていますが結構気に入っています。日本でコンサートする予定があるとかないとか…日本公演が実現したら行きたいです

この気さくなイーソンも尊敬している先輩が張學友(ジャッキー・チョン) 。
関谷さんは學友のお友達でもあるのでいろいろな裏話もお話して下さいましたが、まず感じたことは、學友はプロ中のプロ、どのように小さい仕事でも手を抜くことはない…ファンなのでそれはもちろん知ってはいましたが、具体的に聞くと「やはり凄い人なのだ。」と感じました。そして「學友のファンでよかった」と改めて思いました。仕事に対する真摯な姿勢や、周囲への気配り、そしてどこかおかしなところ(?)…素晴らし過ぎる歌声、セクシーなステージ、尊敬できる行動ができる大大明星、歌神でありながら、突っ込みどころ満載の普通の香港おじさんでもある愛すべき張學友…これからも支持します

今回のイベント中に昨年夏のインタビューの映像を見せて頂いたのですが、その時學友が手にしたマグカップには赤字で「張」と書かれており、それを見た私たちは大笑い、そして奥様との会話を聞いていると夫婦漫才でもしているようだと思いました。もちろん突っ込みは奥様、ボケは學友

それから日本では張學友=ジャッキー・チョン、またはチュンと表記されますが(初期はチュンだった)、以前ご本人にそれを言ったところ少々口を尖らせて「チュンじゃないよ、チョン、僕はチョン」と言っていたとか…私はチョンの方が正解なのだろう思いつつも最初に覚えた時はチュンだったのでその時の気分でどちらも使っていましたが、これからはチョンだけにします

予定だと今年中に遅くとも来年早々からコンサートを予定しているようなので、今回のコンサートは日本で三日間ぐらいして欲しいです
その前に広東語新譜「Private Corner」が早く聴きたい!…他のものをついでにポチしたらすぐに発送にならなかった


※ミニイベント前にネパールの「ヒマラヤ小学校」についてお話して下さいました。
この小学校はプロスキーヤーの三浦雄一郎さんのエベレスト世界最高齢登頂を記念して創立された小学校で、ネパールの貧しい子どもたちがひとりでも多く教育を受けられるように活動しているそうです。
興味がある方はヒマラヤ小学校で検索してみて下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

多謝。
2010年02月08日 13:51
>「チュンじゃないよ、チョン、僕はチョン」

チュンって読みは不思議ですよね。
広東語なら、チョンないしはジョン。
中国語だと、チャンですよね?
どっから来たのだろう?
ジョン・ウーじゃなくてジョン・ンだろとか
よくツッコんでいます(笑)

赤字が書いてあるのは、撮影時の備品かしら?
これにサインが入ったら、本当にお宝ですね。
欲しい~。



イエズ
2010年02月08日 14:35
楽しいトークショーンだったんですね!
関谷さんといえば、私はまずレスリーを思い出すのですがレスリーも広東語では「チョン」でしたよね。

前回の来日コンサートを逃したことをずっと後悔しているので、次回はぜひとも行きたいものです。
ちょうど昨日から母が香港に行っているので新譜を買ってくるように頼んでいるんですよ。
「張」カップも欲しいです!
好きな人は皆「張」です
たれ
2010年02月08日 16:55
中華明星さん初心者なので映画などで出会った明星さんのことをよく調べたりするんですが、この時名前の表記がバラバラで「?」って思うことがあります。日本で一般的にでている名前は「日本向け」ということなんでしょうか?名前は大切だからちゃんと正しい読み方をのせて欲しいですね(初心者には全く区別がつきません
張震迷
2010年02月09日 00:14
多謝。さん

日本でチュンとされてしまったのは、どうやら既に日本で活躍していたアグネス・チャンの存在が影響しているらしいです。成龍も欧米等ではジャッキー・チャンですが、日本だとチェン…昔はチャンはアグネスだけでよかったみたいですそれにしても中華の方々のカタカナ表記はいい加減ですよね。

マグカップの赤字の張ですが、インタビュー場所が學友の事務所だったので學友愛用(?)のものらしいです
張震迷
2010年02月09日 00:22
イエズさん

>好きな人は皆「張」です
そうですよね!それではやはり赤字で「張」と書かれたマグカップを使わないといけないかも?

學友のニューアルバムをお聴きになった感想を伺いたいです。
張震迷
2010年02月09日 00:46
たれさん

>表記がバラバラで「?」って思うことがあります
そうですよね。どれが正解なのかわからず困りますよね。
中国語は日本語にない発音もあるのに無理やりカタカナに変換しています。なので例えば劉はリュウ若しくはリウと表記されています。どうにかならないかしら?
ちなみに張震は英名がチャン・チェンになっていますが、北京語読みのzhang1 zhen4 を正確にカタカナ表記するのは不可能です。ジャン・ジェンとチャン・チェンをいっしょに発音するような音なので(この表現もいいとは言えませんが)
けいてぃ
2010年02月09日 02:50
チュンは、きっと「cheung」表記を読み間違えしたのかもしれいねー。
今でこそ「チョン」と認識してますが、はじめの頃は
「チュン」だと思ってました。
今でも日本では「チュン」で通ってるよね(困)
裏話しいっぱい聞けて裏山~^^
必殺仕事人?プロフェッショナルぶりは初めて生學友さん観て真摯に伝わりました。
誰もができることじゃなく、本当に尊敬に値するキュートな神様です^^
演唱会、日本きぼんぬ!
イーソンも是非行ってみたいな。最近彼の上手さがわかるよーになったのでね(笑)
張震迷
2010年02月09日 23:29
けいてぃさん

やはり最初は「チュン」で覚えてしまうよね。
早く生のキュートな歌神に再会したいね。
一刻も早く演唱会の告知をして欲しいイーソンもね

この記事へのトラックバック