張震…そして偉仔、學友

11月26日、張震は中国の太原王府井の百貨店内のTag Heuer開店式典に出席しました。(以前もTag Heuerのイベントに出席してましたよね。

記事によると…(いつもながら適当訳)
寒い太原にホットな著名俳優を迎えた。それは台湾の俳優 張震です。
現地の記者達は彼を待っている間、ある記者は隙を狙って彼からサインをもらおうと準備していましたし、また他の記者も「私は牯嶺街少年殺人事件を観ましたが、とても素晴らしかった…」とか話をしていました。
現地記者さんも張震に会いたかったのかな?

午後2時頃、張震が登場しました…彼はシルバーのスーツを着用し、やさしい笑顔で、トレードマークの髭はありませんでした。そして映画のような特別な照明がなくても張震はやはり張震です!(だってチャンだもん

イベント中張震はたまに群衆にも視線を向けるのですが、その時の彼の眼は鋭く、氷のように冷たく感じさせ、眼だけで群衆を威圧さることができると感じました。そしてある記者は密かに「張震の眼は人を殺すことができるかもしれない。」と言っていました。(这就是殺手/これが殺し屋さ…『天堂口』の台詞にこのようなのありましたよね。張震は銃は要らないのね。優しく微笑んでいたかと思えば殺し屋のような鋭い眼差し…またそれにしびれるのよ。

イベント後のインタビューでは現在広州で撮影中の『一代宗師』についていろいろと質問されたようです。
既に甄子丹(ドニー・イェン)版の《葉問》があるため、題材の上では《葉問》が優位を占めるかもしれませんが、梁朝偉を始め章子怡(チャン・ツィイー)、宋慧喬(ソン・ヘギョ) 、趙本山(チャオ・ベンシャン)、そして張震など素晴らしいキャストが集結し、王家衛(ウォン・カーウァイ)監督が8年もの歳月を費やし練り上げた大作です。しかし内容は未だに未発表です。それに監督の作品は元々脚本がありませんので詳細がわかりません。
張震に自分の役について尋ねると「簡単には言えません…」と語っていたが、彼自身も詳細を聞かされていない可能性もあります。またロケは広州の他に天津、東北、香港で行われたこと、トニーさんや、ソン・へギョと武術対決の場面があることなどを語ったようです。そして「『一代宗師』は来春公開予定です。」とも言っていたようです。
それから趙本山が微博で「王家衛の撮影は特別遅い…」と言っていたがとの問いかけに張震は三文字で答えたとか…「习惯了!慣れました!
そうよね。慣れなきゃ無理というか何というか…趙本山はあまりに撮影が進まなくて驚くやら呆れるやらだったのかかしら?

それ以外には『建党偉業』で蒋介石を演じたことに関して「蒋介石は皆さんが熟知している方ですから大きなプレッシャーを感じました。しかし、幸いにも『建国大業』で張国立が蒋介石演じていたので、それをお手本にすることができました。」と答えていたそうです。

画像
                何気ない眼差しも素敵


そして同日トニーさんは香港 中環は太子道のカルティエ亜州旗艦店の開店イベントに出席。
画像
この笑顔の画像に…「時間ですよ」のおばあちゃんのように「トニー~!」としてしまいそうになりましたやはりトニーさんは特別
(チャンだとどうしても姉気分になる。)

更に今日は特別な方もうひとり張學友
1/2世紀演唱會についての記者会見も済み、香港站は紅館にて来年4月15日~18日、21日~25日と発表されました。日本公演は?来てくれますよね?
画像

髪型が…(いつもの事だけれど)。右のおじちゃんは何気に可愛い

トニーさん、學友さんの情報もチェックしていますが、ここであまり紹介していません。でもたまに特別なおふたりの事も書きたいので

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

イエズ
2010年11月28日 22:11
張震情報ありがとうございます!
嬉しいです

サインをもらおうと思っていた記者さんたち、微笑ましいというか「さすが中国!」という感じですね。日本なら「関係者はミーハー心出してはいけない・・」と思ってしまうのですが・・。

張震の眼力、ほんとにすごいですよね。「天堂口」のそのセリフ、私も大好きです。かっこよかったですよね。
そして「習慣了」と言う彼も大らかでいいですね。

学友さんの発表嬉しいですね。ぜひ日本にも来てほしいです。
そして・・「〇月〇日香港」や「〇月台湾」等必ず会えるイベントがある明星が羨ましいな~とつくづく思いました。張震に会いたいですね。
張震迷
2010年11月28日 23:52
イエズさん

記者さんたちは地方の記者さんなのでしょうね。北京や上海の記者さんたちとは違い張震クラスの明星の取材はあまりないのでしょうね。それにしても日本の記者さんならサインが欲しくても我慢してしまいますよね。

>張震の眼力…
眼神のトニーさんとはまた違った眼力なのですが、とても魅力的なのですよね。
这就是殺手…この台詞のシーンは「カッコいい」と思ってしまいますよね。もちろんすべて素敵だったのですが

學友さんはトニーや張震よりはスケジュールが分かりますし、ファンクラブもあるので、その点では参加すれば会えるという機会があります。
トニー&張震はファンクラブは作らないでしょうね
たれ
2010年11月29日 15:40
「張震の眼は人を殺すことができるかもしれない。」っておっしゃった記者の方、「かもしれない」じゃなくて「殺せちゃう」の。あの眼におなごたちはいつでも打ち抜かれ溺れ死ぬのよ~

な~んて(^^;)
記者さんたちの評価がものすごく高くて嬉しいですね。

またちょっと髪が短くなった感じですね。この髪型結構好きです♪この方はどこまで男前なんだろうかとため息がでちゃうな~
張震迷
2010年11月29日 23:41
たれさん

>あの眼に…溺れ死ぬのよ~
確かに殺人的な眼差し!
クールな眼差しと可愛い笑顔を交互に繰り出すチャン…罪つくりなお方…

髭がないとチャンの男前さが更に強調されるますね



シァオトン
2010年11月30日 00:25
左のちょっと横顔のアングルもシビレマス。
もう終わっちゃった東京国際映画祭ですが、リー・ビンビンさんのドキュメンタリーのワンシーンに軍服姿のチャン・チェンが映っていました。子役の子と一緒だった。綺麗でした!
やっぱり、目がきりりとしてやられました。
uatsu
2010年11月30日 00:52
「優しく微笑んでいたかと思えば殺し屋のような鋭い眼差し…またそれにしびれるのよ」ほんとに、そのとおりです~
どっちが本当の姿?と本物を見たことのない私は翻弄されています…

一代宗師は来年春公開予定ということは、プロモーションとかで張震がメディアに出てくる機会が今後増えてくるのかしらと、早々と期待してしまいます(笑)
やっほー
2010年11月30日 17:44
ほぉぉ。
美しい張震!!
そうね。
こういう穏やかなまなざしも素敵。

そして、可愛い!トニーさん。
あたしも一緒に「トニ~!!!」って叫んでいいですか。

学友さん、是非日本でコンサートまた、やってほしいですね。
手に持っているのはシャンパン?
こちらも気になる飲兵衛でした。
張震迷
2010年11月30日 23:05
シァオトンさん

リー・ビンビンさんのドキュメンタリーを観られたのですね。私は残念ながら未見のままです。観た友人から「よかった。トニー、張震も登場した…」と聞いて何かの機会に観たいなと思っています。
軍服姿のは『それぞれのシネマ』の「電姫戯院」の時のかしら?
やはり張震は素敵ですね
張震迷
2010年11月30日 23:11
uatsuさん

両極端の表情を持つ張震…ファンはどちらが本当の張震?と翻弄されつつ更に好きになってしまうのでしょうね
『一代宗師』は日本でいつ公開になるのでしょうね?とりあえずは無事に撮影が終了することを祈ります。
張震迷
2010年11月30日 23:16
やっほーさん

>美しい張震!!
ありがとうございます!

トニーさんの笑顔のは「トニー~」と叫ばずにはいられませんね。ご一緒に叫びましょう(?)
學友さんのお酒は…ごめんなさい、わからないです
来年は學友さんの日本語を聞きたいです!

この記事へのトラックバック